ジェネリック医薬品を使ってみませんか?知っておいてほしいお薬情報!

お薬のことを知ろう

病院で診察を受ける時・または処方箋を薬局へ渡した際に「ジェネリック医薬品をご希望されますか?」と確認されませんか?初めて聞かれた方は「何だろう」と疑問に思ったはず。今回はその疑問についてお答えします!

 

ジェネリック医薬品って何?

 

〈ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは〉

  • 新薬(先発医薬品)の特許が切れたあとに厚生労働省の許可を得て、販売されるお薬です。
  • 新薬と同じ有効成分を同じ量使って作られています。
  • 効き目・安全性が同等性、が認められています。
  • 新しい技術でOD錠(服用後速やかに溶ける)錠剤やシートの表示工夫(飲み間違いを防ぐ)等、また服用しやすいように大きさや形、味が改良されている場合もあります。
  • 新薬に比べ開発費が低く抑えられるため、安価に提供が可能であり、患者様のお薬代の負担が軽くなります。結果として薬の値段も先発医薬品と比べて5割程度、中にはそれ以上安く設定することができます。
  • 患者様の医療費の負担は1割、3割などの一部負担で残りは、健康保険組合や市区町村が支払います。従ってジェネリック医薬品は国の医療費の削減に寄与することになります。

 

つまり、ジェネリック医薬品より飲みやすく、安全で安価に開発されたお薬なんですね。まだ使用したことがない方は、この機会にジェネリック医薬品を選択してみませんか?迷っている方は何でも薬剤師にご質問くださいませ。

 

ジェネリック医薬品を希望するには?

病院・診療所・保険薬局で医師・薬剤師にそのことを伝えてください。あとは医師・薬剤師が対応致します。
薬剤師は処方せんに記載されているのが先発医薬品の名称であっても、「変更不可」の欄にチェックがなければ、ご相談のうえ患者様がジェネリック医薬品を選ぶことができます。処方せんに医薬品の商品名ではなく成分名が記載されている場合(「一般名処方」といいます)も同様に可能です。

 

わからないことは何でもお聞きください!

薬剤師は変更可能なジェネリック医薬品があることの説明や、その価格差、錠剤のサイズ等の詳しい情報を差し上げることもできます。ただし、新薬が発売されて特許期間が過ぎていない医薬品についてはジェネリック医薬品が存在しない先発医薬品もあります。
お薬に関してわからないことや不安なことは、いつでも薬剤師にご相談ください。お待ちしております。

 

オンライン服薬指導を行っています

服薬指導において、現状では薬剤師が対面で指導することが薬剤師法により義務となっておりますが、この度の新型コロナウイルスの感染拡大防止の政府方針により、感染流行の期間につきまして初診を含めオンライン診療が解禁となりました。

大阪で自宅(在宅)や介護施設の高齢者に服薬指導を行なっている処方せん薬局の当社(あすか薬局)におきましても、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の状況下のもと、より安全なかたちで患者様にお薬のご相談、お受渡しが可能なオンライン服薬指導や電話服薬指導も対応させていただいております。

 

郵送・配達サービスのお知らせ

あすか薬局では、FAXやネット・LINEで処方せん受付させていただき、直接薬剤師が自宅や介護施設に訪問しての服薬指導、または郵送、配達後のオンライン服薬指導や電話服薬指導も対応させていただいております。決済方法につきましても、いずれの方法においてもクレジット決済が可能となっております。

その他、待ち時間なしの処方せんネット予約ををはじめ、患者様の立場にたち便利で安心してご利用いただける運営を心がけております。ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にどんな事でもお問い合わせくださいね。

 

郵送サービスはこちらから