ポビドンヨードうがい薬は新型コロナウイルスに有効?会見を通してわかったこと

ヨードうがい推奨会見について

2020年8月4日に大阪府が行ったヨードうがい推奨会見。

会見では、大阪府立病院機構・大阪はびきの医療センターが行った研究結果を紹介。大阪府の宿泊療養施設に入っている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の軽症患者41人に対し、ポビドンヨードを含むうがい薬を用いて1日4回(起床時、昼食前、夕食前、就寝前)のうがいを実施したところ、唾液中のウイルスの陽性頻度が低下したと発表されました。

 

ヨードうがいは新型コロナウイルスに有効?

患者は入所中、毎日、唾液検体を採取され、PCR検査を実施しました。ポビドンヨードが含まれないうがい液でうがいをした群では、PCR検査での新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の陽性率が1日目68.8%、2日目75.0%、3日目56.3%、4日目40.0%だったのに対し、ポビドンヨードを含むうがい薬を使用した群は1日目56.0%、2日目48.0%、3日目36.0%、4日目9.5%でした。

この結果をもって、府と同センターは今後、宿泊施設で療養する患者2000人の同意を得て、COVID-19の重症化予防にポビドンヨードによるうがいが効果があるかどうか、大規模な臨床研究を行う考えを示しました。また、府民に対して大阪府知事の吉村洋文氏は「発熱などの症状のある人やその家族、接待を伴う飲食店の従業員、医療従事者や介護従事者は、8月20日までの強化期間はポビドンヨードによるうがいを励行してください」と呼びかけました。

 

ヨードうがい薬が売り切れ続出

その会見を受け、大阪府だけでなく、日本全国のドラッグストアなどでポビドンヨード入りのうがい薬を買い求める人が急増し、軒並み売り切れる事態が発生。

一方、医療関係者からはこの研究結果に対する疑問の声も上がっている。最も多いのが、「ポビドンヨードによるうがいによってPCR検査の偽陰性を人為的に作り出しているだけではないか」というもの。実際は体内にウイルスがあるのにポビドンヨードによるうがいによって、一時的にPCR検査の検体にウイルスが含まれにくくなっているだけではないかという主張です。

 

不確実な情報に惑わされず、冷静な判断を

大阪府の会見で紹介された研究は対象患者が少数であり、臨床研究の前段階に過ぎません。また、軽症患者のPCR検査の結果だけを見ていることから、「COVID-19の感染予防」「COVID-19の症状の重篤化予防などについては十分に検討できていません

それにもかかわらず、「ヨードうがいがCOVID-19に効果がある」という不確定な情報が一人歩きすると、うがいを何度も行い、過剰なヨードを摂取することによって甲状腺機能低下を来す人が出てくる恐があります。また、妊娠中の女性ではヨードの過剰摂取によって、新生児の先天性甲状腺機能低下症を引き起こす可能性もあります。

大阪府のデータはまだ臨床研究の前段階であることや、かぜ予防には効果がなく、むしろ水によるうがいの方が推奨されるといった研究結果もあります。必要以上にヨードうがい薬を買い占めたり、不確実な情報に惑わされたりしないように気をつけましょう。

 

 

あすか薬局ではオンライン服薬指導を行っています

服薬指導において、現状では薬剤師が対面で指導することが薬剤師法により義務となっておりますが、この度の新型コロナウイルスの感染拡大防止の政府方針により、感染流行の期間につきまして初診を含めオンライン診療が解禁となりました。

大阪で自宅(在宅)や介護施設の高齢者に服薬指導を行なっている処方せん薬局の当社(あすか薬局)におきましても、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の状況下のもと、より安全なかたちで患者様にお薬のご相談、お受渡しが可能なオンライン服薬指導や電話服薬指導も対応させていただいております。

 

郵送・配達サービスのお知らせ

あすか薬局では、FAXやネット・LINEで処方せん受付させていただき、直接薬剤師が自宅や介護施設に訪問しての服薬指導、または郵送、配達後のオンライン服薬指導や電話服薬指導も対応させていただいております。決済方法につきましても、いずれの方法においてもクレジット決済が可能となっております。

その他、待ち時間なしの処方せんネット予約をはじめ、患者様の立場にたち便利で安心してご利用いただける運営を心がけております。ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にどんな事でもお問い合わせくださいね。

 

郵送サービスはこちらから

★あすか薬局のLINE友達追加をお願いいたします★

【ID検索】0666439127

【QRコード】