緊急事態宣言延長!処方せん薬局薬剤師が教える手洗いが大事な理由

緊急事態宣言が5月31日まで延長に

令和2年5月6日まで新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ為に発出されている緊急事態宣言が令和2年5月31日までの延長が発表されました。早く未曾有のコロナ渦が治まり、かつての日常が取り戻って欲しいものです。また、当あすか薬局におきましても、引き続きこれまでと同様に万全の対策・対応を心がけ業務を行ってまいります。

※参照・あすか薬局における新型コロナウイルス感染症対策関連記事

 

薬剤師が教える感染症対策!手洗いが大事な理由

緊急事態宣言により国民生活にも様々な変化をもたらしており、政府発表においても「新たな生活様式」の提言も行われています。仕事やプライベートにおいて様々な環境の変化があると思いますが、すぐに行動できる普段から心がけておきたい習慣として手洗いがあげられます。

当記事では、服薬指導・調剤業務を行ない、患者様と日々向き合っている処方せん薬局薬剤師が教える手洗いが大事な理由について説明させていただきます。

【手洗いが大事な理由】
手指に付着しているかもしれないウイルスを落とす「衛生的な手洗い」が必要です。私たちは頻回に手で顔を触り、目・鼻・口にウイルスを運んでしまうからです。ものを触ったら手洗いが基本、毎回できない場合は手で顔を触らないように意識することは大事です。

鼻をかんだとき、くしゃみをしたとき、病人のケアをしたときなどのように手が汚れた場合はもちろんのこと、
「外出先からの帰宅時」や「調理の前」、「食事前」、「トイレの後」の他、「掃除やゴミ出し」を行ったあとなど。いずれにしろ、手洗いをする習慣をつけたいですね。

 

緊急事態宣言中はオンライン服薬指導も可能に!

服薬指導において、現状では薬剤師が対面で指導することが薬剤師法により義務となっておりますが、この度の新型コロナウイルスの感染拡大防止の政府方針により、感染流行の期間につきまして初診を含めオンライン診療が解禁となりました。

大阪で自宅(在宅)や介護施設の高齢者に服薬指導を行なっている処方せん薬局の当社(あすか薬局)におきましても、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の状況下のもと、より安全なかたちで患者様にお薬のご相談、お受渡しが可能なオンライン服薬指導や電話服薬指導も対応させていただいております。

 

郵送や配達、クレジット決済も可能!

あすか薬局では、FAXやネット・LINEで処方せん受付させていただき、直接薬剤師が自宅や介護施設に訪問しての服薬指導、または郵送、配達後のオンライン服薬指導や電話服薬指導も対応させていただいております。また決済方法につきましても、いずれの方法においてもクレジット決済が可能となっております。

あすか薬局では、待ち時間なしの処方せんネット予約ををはじめ、患者様の立場にたち便利で安心してご利用いただける運営を心がけております。ご不明点・ご質問等ございましたらお気軽にどんな事でもお問い合わせくださいね。

 

緊急事態宣言による郵送サービスはこちらから